ホーム > 4月1日 > バード技能

4月1日/バード技能

この項では4月1日をもって大幅にリメイクされたバード技能について解説します。


'''バード技能は、遺跡から出土される古代の「呪楽器」という楽器を扱い戦闘します。この楽器はマジックアイテムであり、意思はありませんが、使用者を選びます。バード技能を持つ人々は、この楽器に選ばれた人々なのです。バード技能の才能がない人が呪楽器を使っても、あまり音の良くない楽器でしかありません。しかし、楽器に選ばれた人(バード)が使うと、音色が増し、魔法の力によって打撃力を持ち、また、呪歌という魔法の力を持った特別な旋律を奏でることも可能となります。

バードの戦闘技能および「呪歌」を使うには、この呪楽器が必要です。呪楽器自体は、遺跡から時折見つかるもので、種類も様々です。また、普通の人にとっては音の悪い楽器でしかないためか、結構安く市場に流れているのも特徴です。'''

バード技能について Edit

SWルールブックにあるとおり、呪歌を使う能力があります。
呪歌に使用する言語は、バードの自由に選べます。
『地域知識』(その土地の風習やうわさなどを知る限定版知識判定)などの、追加アビリティを習得できます。

【リメイク】戦闘技能としての刷新 Edit

呪楽器が武器としてのデータを持ったことで、それによる戦闘を行うことができます。
新たに『テンション』という精神点とは異なるパワーリソースを得ました。
『テンション』は呪楽器武器の打撃攻撃や呪歌の演奏によって得ることができます。
『テンション』を消費することでナウなヤングにバカウケのナイスな「テンションスキル」を発動することができます。

【リメイク】習得について Edit

バード技能を習得した際に、2d6を振って下さい。
2d6で1ゾロが出た場合“あなたは世界的な音痴だ”となります。
“あなたは世界的な音痴だ”の場合、あなたの与えるダメージは全て敵味方を巻き込みます。
“あなたは世界的な音痴だ”の場合、あなたの与えるダメージは全て精神ダメージになります。

呪歌の使用について Edit

魔力のかわりに『バードレベル+精神ボーナス』を基準値として使用します。
魔力と同じように、演奏を『加減』することができます。演奏する前に、基準値を規定の『レベル+精神ボーナス』か『0』を選択できます。
呪歌の言語は術者の任意で決められますが、ソウルを込めた演奏なら例えミノタウロス相手でも通じることでしょう。
チャーム等具体的な指示を含む場合、呪歌で使用する言語を相手が理解できなくてはなりませんが、ソウル込められた演奏なら何の問題もありません。

【リメイク】呪楽器での戦闘について Edit

攻撃力は『バードレベル+器用ボーナス』を基準値として使用します。これは相手を呪楽器で殴りつけたとき、如何にエクセレントな音色を出せるかどうかです。
打撃力は『バードレベル+筋力ボーナス』を基準値として使用します。打撃による実ダメージです。
呪楽器ごとの追加効果の発動判定は『バードレベル+精神ボーナス』を基準値として使用します。ソウルを込めましょう。
呪楽器によるダメージは音属性の魔法ダメージとなります。従って鎧によってダメージを軽減することはできません。

呪歌使用時の制限に関して Edit

両手に楽器以外を持ってはいけません。
自由に言葉を発することが可能な状態でなければいけません。
呪歌用に設定した楽器を使う必要があります。

身に付けている防具には制限はありません。
ただし流行の最先端をひた走るような格好をすることで、各種達成値にボーナスを得ることができます。
上記格好の基準についてはバードレベル10を持つ『シムキン』を参考にしてください。

演奏中の行動について Edit

演奏中の移動制限はありません。あなたの演奏はフリーダムです。
【集中】状態ではないので、ダメージを受けたりしても、演奏が途切れることはありません(気絶などした場合は別ですが)。
演奏しながら呪楽器による打撃攻撃を行うことは勿論可能です。

呪楽器について Edit

バード技能は様々な楽器を演奏することができますが、呪歌を使用する場合、ソーサラー発動体のように、各PCごとに1つの楽器を設定しなければなりません。
エンファータにおけるバードの呪楽器は、様々な形状があります。『演奏者の意志でリズムか音階を刻むことが出来る楽器』なら基本的に何でも構いません。そのため、PCは楽器のデータを元に、それよりも有利にならない形状ならば、呪歌用の楽器として所持することができます。
呪歌をするための楽器のデータ的な条件は、以下のとおりです。

用法2Hです。両手を使います。
価格呪楽器購入には100rk〜のお金が必要です。
形状さまざま(タンバリン、カスタネット等リズムを刻めるならば音階を保てなくてもOKです。ただし草笛等、毎回その辺で入手できそうな物は不可です。(前提の100rk以上にひっかかります) )
必要筋力1~24の間で設定してください。
攻撃修正と打撃修正とクリティカル楽器の形状に合わせ、両手持ちの武器の中から好きなカテゴリを選択してください。
性質魔法の武器として扱われます。

一例:

武器名戦闘可能な技能用法必要筋力価格攻撃
修正
回避
修正
打撃
修正
クリティカル値
釘ストラディバリウスバード2H125000000-2±0+1510
材質:木高品質:適用済み銀化:不可魔化:適用済み購入判定:なし
備考かの有名なセファイトエルフの楽器職人ストラディバリウス作の弦楽器に惜しげもなく釘を打ち込んだ代物です。
武器名戦闘可能な技能用法必要筋力価格攻撃
修正
回避
修正
打撃
修正
クリティカル値
パイプオルガンバード2H24~361000000+1±0+1012
材質:木高品質:適用済み銀化:適用済み魔化:適用済み購入判定:なし
備考アル=グラムテンプルのパイプオルガンです。

武器と組み合わせた呪楽器は持てますか? Edit

新たにリメイクされたバード技能における呪楽器は、それそのものが武器でもあります。
なので心配は無用です。
あなたのセンス溢れるイケイケメロディで敵をノックダウンしてください。

バード技能の追加アビリティ Edit

バード技能には、技能を取得した時に得られる「共通アビリティ」と、レベルが上がった時に呪歌の代わりに習得できる「選択アビリティ」、そして『テンション』を消費して発動することができる「テンションスキル」があります。

共通アビリティ Edit

名称基準概要
<地域知識>知力●いろいろな地域の世俗的な情報や俗説を収集することができます。
●これによって得られる内容は、セージ技能の『知識判定』とは別種のものとなります。
もちろん、知りたいことによっては同一の結果となることもあるでしょう。

選択アビリティ Edit

名称基準概要
<聴音>知力●聞いた音をそのまま記憶することができます。
●判定方法はシーフ技能の「記憶術」と同様です。
ただし「記憶術」とは異なり、記憶できるのは音に限定されます。
<話術>精神力●話すときのしぐさや会話術で聴衆の印象を良くします。
聞き込みなどを行うときも、話術に長け、好印象を抱かせるバードは有利な存在となるでしょう。

●判定方法はバード技能+精神Bを基準に使用しますが、話術には自動的失敗も自動的成功もありません。
また、対象は自動的に抵抗判定し、その際は「一般技能も含めた最大技能レベル+精神B」で抵抗します。
抵抗に成功されると話術は一切効果を与える事はできません。
※抵抗に失敗した場合
やや好印象を持たれます。自分に得がなくても損が来ないならば協力的になってくれます。
※抵抗に成功した場合
話術の効果はありません。
いくら達成値が高くなっても対象を奴隷にしたり強制的に命令に従わせる事はできません。
抵抗者がその場でその気になるだけで、しばらくすれば、撤回する事も少なくありません。

テンションスキル Edit

バランスブレイカーすぎたのでただいま調整中です。

リメイクに伴う変更点 Edit

浮雲の碇亭の酒場スペースに「ザナンの紅血『ロイター』 / <Loyter> crimson of Zanan」が居座るようになりました。

関連カテゴリ Edit

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページを投稿できます。

TOP