ホーム > 騎士団

騎士団

騎士たちを組織化した軍事力 ―― それが「騎士団」です。
貴族は、その経済力や所領の大きさに応じて複数の騎士を抱えることで騎士団を組織化しており、モンスターや外敵などから領地を守り、治安を維持するために活用しています。

また、アーベ公国アルケナル十諸国など中央集権が進んでいる国家では、国として騎士を抱えるのみならず、各貴族から拠出させた騎士たちなどで複数の「騎士団」を組織化し、国土防衛の任に就かせています。それ以外にも、アル=グラムなどの組織性の高い大テンプルでは、テンプルおよび人々を守るために、神官戦士団を組織化していることがあります(大抵は小規模ですが)。

騎士団について Edit

騎士団は、その領内/国において軍事力の中核をなす組織であり、騎士団長(将軍)によって統率されています。また、アーベ公国などのように規模が大きい国の場合、複数の騎士団を有しており、それぞれに騎士団長がいます。

騎士団は、軍事組織であり、隅々まで命令を伝達し、軍として機能的に動くため、騎士隊―騎士大隊といったユニットで構成されています。数人の騎士で構成された騎士隊と、その騎士隊を複数まとめた騎士大隊という構成です。また、規模が大きい騎士団の場合、騎士隊と騎士大隊の間に、騎士中隊というユニットが構成されることもあります。

高い戦闘力を誇る騎士はそう数がいるものではないので、大きな国の騎士団でも、騎士の数は平時で100人そこらが一般的です。とはいえ、そのような騎士団の全体兵力は平時でも軽く1,000人を超えます。というのも、騎士団騎士だけで構成されているものではなく、各騎士が従士(下士官)や一般兵を従える、という構成になるのが普通だからです。つまり、騎士団における騎士というのは、各人が、隊長として兵を統御する者達なのです。

また、深淵の大軍勢が攻撃をしてきた場合などは、それに対応して騎士を増やすだけでなく、1人の騎士がより多くの下士官や一般兵を統率するため、全体兵力は更に膨れ上がります。

騎士団 Edit

騎士団長の地位は高く、特に国の騎士団ともなれば、騎士団長は国の役職の中でも最上位の一つです。これは、領主などが抱えるより小規模な騎士団でも例外ではなく、その領主から高い待遇で遇されるのが普通です。

騎士団は軍事力の中核であり、深淵などの脅威と日々接しているため、俗にいう「位だけは高い無能な人」が騎士団長の位に就くことは稀です。いわゆる平民が、実力でのし上がってその地位を手に入れたという事例はよくあり、そこから貴族になった人も多くいます。
騎士そのものが、貴族など上の階層に行くための手段の一つとなっており、騎士団長はそれを体現する存在といえるでしょう。もちろん、「有力貴族の出身であり、かつ、軍隊司令官として優れた力量を持つ」人が騎士団長になることもよくあるのですが。

騎士団の階級とレベル Edit

以下の表は、騎士の数が100人程度の大きな規模の騎士団において、その階級とレベルをまとめたものです。騎士団といっても規模によって様々なので、数人~数十人程度の中小の騎士団では5レベルや6レベルが団長をしてることもあるでしょう。また、そのような場合、従士は1~2レベルで、騎士が3レベルということもあります。

階級技能レベル概要
兵士ファイター技能1レベル、その他の技能は人による一般兵です。平時では、1人の騎士に数人~数十人程度割り当てられます。一般兵をどのように集めるかはその国/領地によって変わります。
上級兵(軍曹)ファイター技能2~3レベル、その他の技能は人による一般兵の中でも、ベテランです。部隊行動においては従士と同じく騎士をサポートして、兵士たちを統率します。
従士ファイター技能2~3レベル、その他の技能は人による特定の騎士に仕える戦士で、いわば騎士の見習いです。戦いにおいては仕える騎士の副官として戦うのみならず、下士官として一般兵を監督します。また、戦い以外では、身の回りの世話など様々なことも行うため、人によってはファイター以外の技能を所有していたりもします。なお、1人の騎士がどれだけの従士を率いているかは、その騎士の勇名や経済力に左右されますが、平均的には1人~数人です。
騎士ファイター技能4レベル、その他の技能は人による一人前の騎士として、仕える貴族から叙任された者達です。
上級騎士ファイター技能5レベル、その他の技能は人による複数の騎士を束ねる上位の騎士で、戦闘では士官として、その部隊の指揮官として動きます。また、近衛騎士などのエリートは、平均がこのレベルです。
騎士隊長ファイター技能6レベル、その他の技能は人による複数の上騎士を束ねる騎士で、騎士大隊など大部隊の司令官として動きます。
騎士団ファイター技能7レベル、その他の技能は人によるその騎士団のトップです。

※備考:SWルールブック(完全版)のモンスターデータには、騎士および兵士のデータが記載されていますが、コラム:あの人の技能レベルはいくら?でも指摘されている通り、冒険者レベルで換算できないデータとなっています。そこで、騎士の階級と、各階級が概ねどの程度の技能レベルを持っているのかを、ファイター技能レベルを基準にまとめなおしてあります。

非戦闘要員 Edit

騎士団(軍隊)は、戦闘兵力だけで運用できるものではありません。それをバックアップする人員も必要となります。このような非戦闘要員は兵力に換算されませんが、戦闘能力を有しているものもおり、戦時には補助戦力として働くこともあります。また、

役割技能概要
書記知識系技能騎士団の事務や経理などの実務を担当します。また、通訳や代筆などを担当することもあります。扱う業務が極めて重要なため、書記官たちのトップには、実力のある騎士貴族、高級官僚などが就任するのが普通です。
料理人コック技能騎士団コックを雇っている場合でも、彼らの料理を食べられるのは、騎士団長や騎士隊長など高官の食卓くらいです。一般騎士の場合、仕えている従士が料理を作ります(料理がうまい従士は人気です)。一般兵は、小隊ごとに集団生活をし、自炊します。
馬丁アニマルテイマー系技能馬/ムィムィなど、騎士が騎乗する動物の飼育や世話をします。
武具職人クラフトマン(ブラックスミス)技能騎士や兵士などの武具の調整や補修、製造などを行います。
大工クラフトマン(カーペンター)技能攻城兵器、防衛兵器の製造や、砦の修繕などで活躍します。
治療師ヒーラー技能騎士団というのは、戦時だけでなく、平時でも、訓練や事故などで怪我が絶えないものです。そういった戦士などの治療に当たります。
神官プリースト技能/ミニストラント(クレリック)技能ナインズの奇跡を使える神官です(奇跡を使えない神官[ミニストラント]もいます)。騎士や兵士たちの心の安寧を保つとともに、戦闘では傷を癒やしたり、奇跡執行以外では癒せない呪いなどを解くなど、重要な役割を果たします。

レングラートおよびアルケナル地方の様々な騎士団 Edit

アーベ公国 Edit

大公近衛騎士団
大公を守る役目を与えられている騎士団です。大公の居城およびルアーブル市の行政区画「アーベルリム」を警護しています。規模はそれほど大きくありませんが、エリートであり優秀です。
アーベ騎士団
アーベ公国騎士団の一つで、ルアーブルを拠点としています。
ノース騎士団
アーベ公国騎士団の一つで、ノース砦を拠点としています。人員の多くは、公国の大陸領を構成する各貴族から拠出させています。
サウス騎士団
アーベ公国騎士団の一つで、サウス砦を拠点としています。人員の多くは、公国の大陸領を構成する各貴族から拠出させています。
『海の』騎士団(海軍)
アーベ公国騎士団の一つで、ルアーブルを拠点としている海軍です。メントスやケルにも分隊がいます。
ガルファード騎士団
アーベ公国騎士団の一つで、古都ガルファードおよびその周辺海域を守る騎士団です。人員や必要軍需品の多くは古都を中心とする有力貴族たちから拠出させています。

アーベ公国が擁する6つの騎士団です。これ以外にも、ルアーブルの大テンプルが擁する(小規模な)神官騎士団などもあり、また、各貴族領が領内警護のために騎士隊を擁しています。

その他の国 Edit

カイゼル騎士団
アルケナル十諸国の一つ「カイゼル騎士団領」を治めています。複数の騎士団に分けてもおかしくない規模ですが、統治上の理由によりできないため、各騎士大隊が、事実上の騎士団となっています。
ベルアダーム騎士団
戦侯領ベルアダームが擁する騎士団です。複数の騎士団で構成されています。
ドルフィン騎士団
ローハルト航海王国が擁する騎士団で、イルカに乗る海の騎士たちで構成されています。
バトルメイジ・オーダー
ヴァリアエールにある賢者の学院「ホシミ」を警護する魔法戦士たちです。数は少ないですが、優秀な戦闘力で知られます。

関連記事 Edit

ページ新規作成

新しいページを投稿できます。

TOP