ホーム > アルケナル地方

アルケナル地方

偉大なる『帝国』の地 Edit

この地方は、かつてのアルケナル帝国が存在した土地です。
アルケナル帝国は、〈人〉の様々な遺産をもった初代皇帝が、光の軍勢とともに、『深淵の森』を大陸の奥深くに追放し、偉大な発展を遂げた国として知られています。まさに、星霜の勝利の歴史です。
しかし、長く続いた帝国は衰え、今から300年近く前に、深淵の大侵攻が始まりました。力を蓄えた深淵の猛攻に、帝国は大きくその領土を減らし、ラストエンペラーは帝国の滅亡を防ぐべく、帝国の中枢である内陣と呼ばれる地方を大陸から切り離そうとしました。

だが、それは神ならぬ身には過ぎた技。

大分離の儀式は失敗し、帝国中枢の巨大な版図は全てが海に沈みました。今のエンペラーズロスト海と呼ばれる場所です。
帝国版図のうち海に沈まなかった辺境部分は、多くが深淵の森に飲み込まれました。
しかし、諸島群や大陸で星霜は必死の抵抗をし、なんとか守り切ることに成功します。
それが、今では「アルケナル十諸国」と呼ばれる場所です。

特徴 Edit

地理 Edit

気候 Edit

南にあるツバル地方から流れる灼熱のイフリート風、そして大陸奥地からの冷たいフェンリル風が流れこむこの地方は、一年を通して比較的温暖な気候で、雨がよく降る湿潤な地域です。また、エンペラーズロスト海では、この2つの風がぶつかり、無数の嵐が発生します。なお、エンペラーズロスト海で発生した嵐(ハリケーン)は、イフリート風とフェンリル風に挟まれて、北側または北西側(戦侯領ベルアダームの方)に流れます。

このようなアルケナル地方は、東西で気候が大きく変わり、西に行くほど暑くなります。

エンペラーズロスト海を挟んで東側はフェンリル風が強い土地で、四季があります。とはいえ、海沿いの地域では、雪が降るほど寒くなることはありません。エンペラーズロスト海の北側は、深淵の森が広がっているため、大半は星霜の者たちの世界ではありませんが、一年を通して霧と雨がよく発生し、嵐が襲来します。
そして、エンペラーズロスト海の西側、アルケナル十諸国のあたりは、イフリート風のほうが強いため、亜熱帯性の気候となっています。

海流 Edit

ツバル地方の西側から、アルケナル十諸国の西側を通ってレングラート地方に行く「暖流」の強い流れがあります。また、この海流の一部はエンペラーズロスト海に流れ込み、はるか東へとも流れていきます。

食文化 Edit

アルケナル帝国が存在した頃は、その帝国の中心である『内陣』地方はフェンリル風とイフリート風が調和した温暖な土地で、小麦と放牧を中心とした豊かな食文化があったと言われています。アルケナル帝国が海に沈んでからも、その食文化の伝統は生き残り、今に伝わっています。
そのため、現在でも、小麦クオ麦を主食とし、牛・羊・豚などの牧畜と肉食が盛んで、麦から作るエールやビールなどのお酒がよく飲まれる食文化となっています。詳しくはアルケナル地方の食文化を参考のこと。

地図 Edit

アルケナル地方_ミニ.jpg

アルケナル地方の地理 Edit

関連カテゴリ Edit

添付ファイル: fileアルケナル地方_ミニ.jpg 521件 [詳細] fileアルケナル地方.jpg 515件 [詳細] fileアルケナル地方地図.jpg 62件 [詳細]

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページを投稿できます。

TOP