ホーム > セッション > 失われた世界

セッション/失われた世界

  • 概要:管理人TEKが開催した大規模キャンペーンです。
  • このページは書きかけです。

アーベ公国歴104年のクオ=ルートの月~アグ=ヴァの月~アグラ=イヴァナの月に起きた、レングラート地方を揺るがす大事件「神記騒動」を扱ったキャンペーンです。

登場人物 Edit

主要なプレイヤー Edit

アーベ大公アルベトロ・フェンタール
アーベ公国を治める現在の大公大公家が代々秘蔵していた神器ヴァル=ノレルの鎧』がアルカナに奪われたため、その奪還を冒険者に命じる。
そして、『ヴァル=ノレルの鎧』が無事回収された後、大方の予想に反して、『天駆ける』のために神器を提供。地上征服を狙っているというザールの暗殺がその目的であり、自分の息子ベインは、実はザールの息子で、ザールのために動いていることなどを一部の冒険者に明らかにする。
ベインフェンタール
アーベ大公アルベトロの息子で、10歳位の天使のような笑顔の少年。自分付きの執事であるアルフレッドを引き連れ、海の底に沈んだ帝国首都『永遠の都』の探索に同行することと、神器アグ=ヴァの舵』の入手を冒険者に依頼する。実際には、ベインザールの息子であり、ナインズ神器回収を狙うザールの命により、行動している。
また、ザールによって、強力な「魅了の笑顔」の魔力を付与されており、その笑顔を向けられた相手は、ベインの意のままに行動する。それも、自ら望んで自発的に。
ザール・アウザストラ
ハーフェンにある都「フェルスターン」の評議会議長であり、実質的な空の領主。ルーンマスターの天賦の才を持つ彼は、アルケナル帝国滅亡後、星霜深淵を通して初めて誕生した10レベルソーサラーである。
彼がナインズ神器を集めているのは、神器と自身の魔術により深淵世界を粉砕するためだった。そのために、息子であるベインに命じて、神器の収集を行わせている。
ミュールストロフ
『指し手』と呼ばれる異能のレイブン・ロードであり、ラッタウにいるレイブン・アークロード、セレスライトの副官。深淵にとって脅威となるザールを抹殺すべく、今回の「神器騒動」を計画立案。アルカナなどを自在に動かして、その計画を進めている。
ネルファロス
強力なアタナトイ・ロード。アーベ大公が「新しき友」と呼ぶ彼は、深淵でありながら、星霜に様々な支援・示唆を与えている。
ガンディリオ
ラッタウにいるドラグ・グランドロード。ラッタウドラグは、ガラクヴァ神の神器『神殺しの剣』を守護しており、ミュールストロフの陰謀によってその剣がアルカナに奪われたため、冒険者たちに奪還を命令するのであった。
シムキン
一部で〈人〉と噂される青年。誰もが知る道化のような男だが、強力な魔法をたまに使い、皮肉とおちょくりの中に重大な示唆を埋め込んで提供する。アーベ大公が「古き友」と呼ぶ存在。
このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページを投稿できます。

TOP